「実戦的宿泊論」

著者:  荻昌弘
出版社:  日本交通公社
サイズ:  新書判(ソフトカバー)
発行年:  1972年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

「目標値へ最短に接近して翌日のエネルギー確保をする準備行動」とよそでの泊まりを定義づける著者による“泊まり”についての本。これまでよりもっと安く、もっと楽しく、もっと贅沢な泊まりができるめざす警告の書。
【目次より】
「いったいどこへ泊まれるのか」「日本旅館論」「温泉旅館について」「日本のシティホテル」「ビジネスホテル」「知る人ぞ知る『会館ホテル』」「国民休暇村」「まだある公共観光宿」「寮という名の宿」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「荻昌弘」の本があるか調べてみる


前のページにもどる