「パリの上質な暮らし 憧れのパリ16区の日常」

著者:  島本薫
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

「パリ16区といえば、憧れのエリアとして有名。高級住宅街という場所柄、老舗や今注目の店が多く、他の区に比べてどの小売店もレベルが高く、それぞれの小売店を大切に守ろうとする住民の意識がとても強いとか。そんな16区に暮らして1年余の著者が、ル・コルドン・ブル−でお菓子や料理を学びながら、さまざまなショップの人々との日々の交流を通して感じたことを、オールカラ−の美しい写真とともにガイド風に紹介」(紹介文より) →表紙を拡大


前のページにもどる