「フレンチの達人たち」

著者:  宇田川悟
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2004年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「フランスの食文化研究の第一人者が、村上信夫、上柿元勝、ロブション、斉須政雄、石鍋裕、熊谷喜八、三國清三といった超一流のシェフに取材し、料理の王道・本物のフレンチの醍醐味とこれからを分析」(紹介文より)
【目次より】
「石鍋裕(クイーン・アリス)―フレンチという枠組を超越する」「三国清三(オテル・ドゥ・ミクニ)―未来志向のキュイジーヌ・ジャポネーゼ」「村上信夫(帝国ホテル料理顧問)―洋食からフランス料理の巨人へ」「根岸規雄(ホテルオークラ総料理長)―リアル・フレンチの徹底追求」「中村勝宏(ホテルメトロポリタンエドモント総料理長)―土地に根ざした料理の原点を求めて」「ジャック・ボリー(ロオジエ)―揺るぎないフレンチの基礎」「井上旭(シェ・イノ)―ソースの名人の足跡を追う」「ジョエル・ロブション(ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション)―フランス料理の皇帝は前進する」「上柿元勝(ハウステンボスホテルズ総料理長)―素材に対する深い愛情が勝負」「斉須政雄(コート・ドール)―本質が湧き出した頂点で味を補う」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「宇田川悟」の本があるか調べてみる


前のページにもどる