「作品集 一期一会」

著者:  網野菊
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1968年2刷
価格:  800円
状態・備考:  A

「死、老い、そして慕情――その人生に行きあうことごとを通じて、生きることの真実を描きつづけた網野菊の文学。読売文学賞」(帯より)
【目次より】
「黄色い眼鏡」「翡翠」「老猫」「恐怖」「夜の電車」「日々是好日」「虹の花」「風の日」「生きてきた過去」「花の会」「おもかげ」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「網野菊」の本があるか調べてみる


前のページにもどる